旅行・地域

温泉 窓外の眺望

古い話になるが、3月末、別所(上田)温泉に行った。3/11東日本大震災発生、気が引ける所も有ったが、前からの予約でもあり、午後、車で出かける。
温泉の入口、玄関でもある、電鉄の別所駅は閑散として居て、人影全く無し。3時頃なのに春の宵の気だるさを感じさせる夕景色である。

Img_0833_blog_7

人家、商店の点在する狭い坂道を通り過ぎると、やや道は広がり、道の片側に沿って大きな川が流れて居る。両側に温泉旅館、公衆風呂が並んでいる。右側の取っ付きに目指す宿が有った。

Img_0832_blog_4

駐車場は満車である。思ったより客が多いらしい。何んとなく、ほっとした。

Img_0827blog_19

宿の北側は直ぐ山である。

南側は、晴れて遠方まで見渡せる。直ぐ下は別所地区。温泉街の門のように左右から山がはみ出している。その先、塩田地区の田畑、集落が微かに見える。

塩田地区の左端、低い山が張り出している辺りは上田市の一部だろう。

なお、その先に山〃が見える。中央、残雪の有るらしい烏帽子岳の全容がみえる。山裾には、この春早く、同級会のあった太田区休養林がある。

其の右側、窪んで見える辺りは、東御市から群馬県へ抜ける地蔵峠らしい。 

峠の左には初夏の花、国の天然記念物のレンゲツツジの群落、冬のスキー場で知られる湯の丸山が有る。

峠を右へ行くとコマクサの群生地の三方の峰に出る。三方の上空に僅かばかりの雲が漂っている。若しかしたら浅間山の蒸気か。

南向き、日当たりの良い傾斜地、然も表土の無い瓦礫のような所に、2種類のコマクサが群生している。勿論、他の草木は全く育たず、一緒に見られるのはオンタデ(蓼科の草)だけ。50年程前に発見され、保護されて見事なコマクサの群生地になって居た。

Img_0828_blog_2

宿の東、直ぐ下には、川の向かい側に大きい旅館が有り、其の上隣に、こんもりとした森に覆われた御堂が見える。南向きの善光寺に対する北向観音堂として信仰を集めている。境内に注連縄の廻らされた愛染かつらの大木がある。映画の愛染かつらとの因縁が語られてるらしいが、私は何も知らない。         唯、この地区の名前が愛染である事を後に知った。

Img_0831log_2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

温泉の思い出

昨年の11月始め、東御市の大田区休養林(温泉)で高校の同級会有り、出席する。

上信越自動車道、湯の丸インターを降り、県道を西へ約2k、田沢信号を右折約2k、烏帽子岳の南麓に其の温泉が在る。

Img_0803_4

道筋は農家が点在,刈り終わった田、そして特産の胡桃林が見える。

(休養林、ワイナリ)の案内標識が大きく右折した道の左側、草叢に立っている。此の辺りになると周りは田んぼは少なく、草叢が多い。

Img_0795

々畑、林に囲まれた農家が点在する。なお進む、交差点に出る。休養林への案内板がある

Img_0808

右折する。数百㍍先の小山の麓に林に囲まれて白い建物が見えた

Img_0810  

建物は馬蹄形で、外観は野球場のように見える。玄関前の駐車場には県外諸方からの車も見かけ、殆ど満車である。太田区民の使用してない日は区民以外の人も利用出来る。但し予約を取るのが大変らしい。

Img_0813

玄関を入ると、広いエントランスホールが有り、懐かしい顔が受け付けをしていた。

西向きの南北に長い建物で、入り口はやや中央より北寄り側にあり、入り口を挟んで南、北に泊まる部屋、そして夫々に温泉の浴場がある。南側には体育館が二部屋、講義室が一部屋がある。大田区の住民の利用であろう。

同級会遅くまで、久闊を語り合う。

             

| | コメント (2) | トラックバック (0)