« 梅とウグイス | トップページ | 家庭菜園は難しい »

天候に左右される家庭園芸

玉ねぎの収穫は例年の半分程だった。

苗は良い出来で,寒い季節なのでクヌギの落ち葉など掛けて凍りつかないようにした。

然し気が付いたら、所処、生育不良で枯れたり、消えて空所になっていた。カラスが毎日来

ていたので、悪戯されて抜かれたのでは、と思った事もあったが、今年は出来が悪いと幾人

から聞いた。天候の所為かもしれない。

馬鈴薯の収穫も悪い。例年の如く男爵2k、秋茜3kを購入、大きめの物は2つ切り、植え付

けした。

Img_0665

然し3割ほど芽が出ない。何

が悪かったのか、初めての事

で見当が付かない。店頭には

最早此の時期種芋があるわけ

が無い。仕方なく昨年、収穫し

た物を播く。それでも何となく

大きく育って来た。

が、何時の間にか1枚、2枚と

茶褐色に葉が萎れだした。

ト病( 露菌病)〔domny mildew]と気が付いて消毒した時は既に遅く、壊滅状態になっていたた。

ベト病は高温多湿の年に多いと言われているが、早めに予防しとけばよかったが、後の祭り

だ。やはり幾人の家でもベト病にやられたと聞かされた。我が家だけでなかったのか、何と

なくホッとした。やはり天候が大きな原因だ。素人百姓の力では自然に任せた農業しか出来

ない。それにあらずかスーパーでの価格は例年より高いらしい。

Img_0678 県の気象台は7/14梅雨明け

を発表していたが、新たに今

年は低気圧、前線の影響で曇

りや雨の日が多く、`09.8.4

以来6年ぶりの日照不足との

情報も7/28日出した。農作物

の管理に注意するようにとの

事だが、実際のところ、如何仕

様もできないのが素人百姓、

家庭園芸だ。

Img_0685_2

青果卸業者によると夏場のキ

ュウリの主産地の東北地方の

出来が悪く卸値は昨年比1.5

倍だそうだ.

例年、当地方は夏場は雨が少

なく、然も台地上の我が家の

畑地では、此の時期、朝夕の

潅水作業の多忙、そして経費

の多額に音をあげていた。

今年はホースを出したまま1度

も使ってない。例年と同じ位の畝幅、株間を空けて置いたが、キュウリ、トマト、特に丸ナス

の特大の成長に雨の有り難さを感じた。これ等の野菜は例年より格段収穫が多い。多雨

が良い方に出たのだ。

Img_0686 時期を2週間ばかり、ずらして

インゲン(モロッコ)を2箇所に

播いた。伸びるに伸びて、収

穫するには高さ1間の3脚を使

わなければならない。例年だと

I形の支柱で充分なのに今年

は違った。優に3~4m以上は

伸びた。新しい竹で撓っても折

れないだろうが、急いで支え棒

を買ってきた。片側が日陰になり、良くないとI形にしたが、来年は倒れないようにX形にしな

ばと思う、今年の様に多雨ならば?。

例年なら此の辺りでは7月、少し間置いて、8月と2度(2化生)に亘りアンズ、柿、胡桃の葉に

繁殖して退治に苦労するところであるが、昨年はアメリカシロヒトリ〔Hyphantria cunea] を

全く見掛けなかった。退治する苦労無く楽だった。今年も1化生は全く無し。2化生の無い事

を祈るのだが、此れも天候等のためか、全く不思議の現象としか思えない。此の侭、ずーと

発生しないで欲しいものだ。世間でも関心が無くなってきているが、他地方では依然猛威を

奮って居るらしい。

竹林が有るので、支え棒などには竹を多く使ってきた。Img_0687

 サトイモこそは、水が絶対必

要な作物で、作らない事にして

来た。所が余ったから植えろ、

と呉れる人が居て畑の端の方

に仕方なく移植した。そして此

の雨、予想も出来ないほどに

大きく育った。収穫が楽しみ

だ。来年も雨が多ければ作り

たいのだが。

Img_0688

良い事ばかりでない。雑草

生い茂り、の繁茂には全く

参った。草刈機も有るのだが

腰痛で使えず、除草剤は亡父

が体に良くないからと全く撒か

なかった。ので何となく使用し

たくない気持ちで、未だ使った

事は無い。ぼつぼつ除草して

行くしかない。Img_0682

Img_0684 畑の隅にオニユリが咲いて

いる。オニユリとは粗大と言う

意らしい。紫を帯びた褐色の

花に心が和む。

 百合の花恐れ入った

        という姿

 あちら向けうしろも

    ゆかし百合の花

Img_0690

|

« 梅とウグイス | トップページ | 家庭菜園は難しい »

草 木」カテゴリの記事

コメント

篤農家のかなり年配の人が、モグラに玉ねぎとジャガイモを食べられた と真剣にいうので、最近はそんなもぐらもいるんですね、ハクビシンか狸じゃないですか?といっても いんにゃモグラだと言い張るので 悪いモグラですね と一緒に怒っています。 まだたちの悪いのがいて、下之条の人は夜中にジャガイモと小玉スイカをごっそり盗られたそうです。そのうちにブドウも盗られるかと心配していました。本当に腹がたちますね。
あちこちの夏祭りも雨でさんざんなようです。これからは良い天気に恵まれて豊かな秋の収穫を迎えられればいいですね。

投稿: 今日四朗 | 2009年8月13日 (木) 12時38分

toushiroおじさん更新楽しみにしていました。
先日はご丁寧にありがとうございました。

畑の様子拝見いたしましたが、梅雨明けがしたのか
どうかの今年、作物にも良し悪しの影響があるようですね。

昨年まで母が耕作していた畑で、なす、キュウリ、トマト
などを植えましたが、キュウリ以外はあまりできがよくありません。
まあ、農業一年生ですからしかたないかも・・^^;)
そんななかで、toushiroおじさんも空いた土地に植えたという
サトイモがものすごく育っています。
多雨のおかげかもしれませんが、近所の方から今年はお母さんが育てて
くれたんだよ、と言われうれしく思いました。

これからも更新楽しみにしています。
越畑にもぜひお出かけ下さい。今月末にはアサギマダラの乱舞が見られると思います。

投稿: kokuzo | 2009年8月14日 (金) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/466563/30877875

この記事へのトラックバック一覧です: 天候に左右される家庭園芸:

« 梅とウグイス | トップページ | 家庭菜園は難しい »