« 夏野菜 | トップページ | 大根 »

播かぬ種が生える

Img_0429_jpg_2    

  夏の日をハス     の葉かげに アメンボが  暑さ凌いでひと時休み 

 字数だけを守って作った私の迷句です.アメンボ(英名Water-skater)も既に姿を消し、睡蓮、ハスも葉は萎れてしまっている.浮き草も間もなく無くなるだろう     

      Img_0428                             蒔かなくに 何を種とて浮き草の 波のうねうね生い茂るらん

 謡曲「草紙洗小町」の中の有名な句で,謡曲を勉強する者は必ずの程やる曲である.    

小野小町は絶世の美人と言われ、出羽の郡司、小野良実の娘として生まれた.謡曲小町物には通小町、卒塔婆小町、関寺小町、鸚鵡小町などあるが、何れも小町の老後の零落、業の苦患が描かれている.草紙洗だけは若く美しく、歌人の面目、人情味溢れた小町が描かれている.観世流謡曲二百十数編の中で五文字の題名は此の二題だけだと思う.   

Img_0427_2  .    閑話休題. 草や木は種から育つ物と言う考えからすると、水面に浮遊し、秋忽然と水面より消え、春また忽然と現れる浮き草は充分小町には不思議な植物だったにちがいない.其れからか昔は、なきものぐさ(無者草)と言われて居た事もあったらしい.冬芽なるもので越冬するらしい. 我が家の周りには、沼も水田も無く人家、畑だけである.冬芽がどうやって我が家の池に現れたのか小町ならずとも私にもわからない.アメリカアワダチソウ、アレチノウリの繁殖とは明らかに違うと思う

Photo_2

  近年 ハーブ(Herbs)ブームで旅行すると,彼方此方にハーブ園が出来ていた.我が家でもご他聞にもれずバジル、ミントなどの苗を植えた.作り方が悪いのかどれも良く育たなかった.唯一つ例外があった.イタリアンパセリである.普通のパセリ(parsley)よりは、どちらかと云えば形セロリ(celery)に似て、独特の香りが有る.どんな種か、小さいので結局判らなかった.二年目は五、六本だったのが、三年目の今年はわんさと、増えた.此れ等も蒔かぬ種の典型的の例だとおもう.    

 .春先、耕運機で全面的に耕してもらうのだが、畑の何処かに必ず数箇所シソ(perilla)が群生する.或る年心配して播種したが、殆んど出芽しなかった.蒔いた種が生えないのだ.乾燥土壌には発芽が難しいと、専門書には書かれている.爾来蒔かぬ種に任せている.梅漬には欠かせない.赤く染めるだけでなく、シソの香気にはperilla-aldehydeがあり、強い防腐力を持っている.昔弁当には必ず入っていた.日の丸弁当である.紫蘇にはチリメン、青じそ、マダラ紫蘇など数種類があるが、何れも学名の命名者にMakinoとある.あの牧野富太郎博士の事だろうか

|

« 夏野菜 | トップページ | 大根 »

趣味」カテゴリの記事